<高校無償化法案>朝鮮学校も対象で一致 国民新と社民両党(毎日新聞)

 社民、国民新の両党は5日の政策協議で、高校無償化法案の対象に朝鮮学校も含めるよう政府に求めていく方針で一致した。国民新党は永住外国人への地方選挙権付与に反対しているが、自見庄三郎幹事長は「(朝鮮学校の生徒は)20歳以下で、参政権より以前の問題だ」と説明。社民党の重野安正幹事長は「この国にいる子供たちは、授業料を補助していく制度をあまねく受ける権利がある」と指摘した。【朝日弘行】

【関連ニュース】
参院予算委:外国人選挙権法案優先なら連立解消へ 亀井氏
鳩山首相:「規正法改正へ与野党協議を」 小沢氏に指示
外国人選挙権:先送り 反対の国民新に配慮 政府方針
社民・国民新:民主に幹事長会談を要請へ
国民新:「保守」強調 夫婦別姓、外国人選挙権に「反対」

PSW養成の在り方で取りまとめ―厚労省検討会(医療介護CBニュース)
養殖被害、北海道や青森、徳島でも=農水省(時事通信)
合憲or違憲? 社民、自衛隊の位置付けあいまいなまま…(産経新聞)
2カ月の次男に重傷負わせ逮捕=「泣きやまず腹立った」−埼玉県警(時事通信)
阿久根市長の議会欠席続く、予算案質疑入れず(読売新聞)
[PR]
by corzljbmei | 2010-03-10 14:33
<< 談合防止のため検討委が初会合 ... 船形山の遭難グループ「3人とも... >>