「失望している」 グーグル問題で米ホワイトハウス(産経新聞)

 【ワシントン=犬塚陽介】米国のインターネット検索最大手グーグルが中国本土からのネット検索サービスの撤退を発表したことを受け、米ホワイトハウスは22日、「グーグルと中国政府が合意に達せなかったことに失望している」との声明を発表した。

 国家安全保障会議(NSC)のハマー報道官は「グーグルからは発表の直前に連絡があった。グーグルの利益に寄与するとの根拠に基づいた決断だ」とした。

 一方で、「米中関係は(見解の)差異に耐えられるほど成熟している」としてさらなる関係の悪化には否定的な見方を示し、「共通の利益に関する部分での協力を発展させ、意見の不一致には、率直で包み隠すことなく申し入れたい」と述べた。

【関連記事】
グーグル、中国本土から香港に「撤退」 さらなる対立も
「グーグルのやり方に強い不満と怒りを感じる」 中国政府当局者
「一企業が国家の権威に挑戦するのか」 中国メディアがグーグル批判 
中国から撤退、グーグルのジレンマなお深く
グーグル代表「中国側検閲には応じない」 米下院公聴会で強調

唐澤・原中両陣営、25日以降に役員候補発表(医療介護CBニュース)
民主党の介護議連が31日に発足(医療介護CBニュース)
<就活>強引な勧誘で東京都がセミナー事業会社に是正勧告 (毎日新聞)
阿久根市長、市職労に事務所の明け渡し通告(読売新聞)
普天間移設 政府案へ大詰め 関係閣僚が協議(毎日新聞)
[PR]
by corzljbmei | 2010-03-26 11:07
<< 埼京線の一部が運転再開、山手線... 風で足場倒れ電柱直撃、200世... >>