人と防災未来センター「東館」公開 風水害を学ぶ(産経新聞)

 阪神大震災の教訓を後世に語り継ぐ「人と防災未来センター」(神戸市中央区)の中で閉館中だった「ひと未来館」が「東館」としてリニューアルオープンするのに先立ち、7日に内覧会が行われ、関係者らに館内が公開された。風水害について学ぶことのできる施設となっており、8日午前9時半から一般公開される。

 「ひと未来館」は命の尊さについて学べる博物館施設として平成15年に開館。昨年4月から改修工事を行っていた。

 内覧会には約150人が出席。兵庫県の井戸敏三知事が「経験や教訓を伝えて他の災害の備えとするのが被災地の役割」とあいさつし、テープカットが行われた。

 館内は「水と減災を学ぶ」をテーマに4つのフロアで構成。昭和13年に発生した阪神大水害の被災者が災害について語るインタビューの映像を大型スクリーンで流したり、世界各国の災害を写真パネルで紹介しており、子供たちにもわかりやすい展示内容となっている。

p7ekbdinのブログ
h1tkjfnjの日記ブログ管理ツール
ライブチャット
競馬情報
無料ホームページ
[PR]
by corzljbmei | 2010-01-08 17:44
<< <日本ペンクラブ>中国反体制作...