【中医協】軽症の救急受診、特別料金徴収は見送り(医療介護CBニュース)

 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は1月27日、総会を開き、救急救命センターを受診した軽症患者から特別料金を徴収する案について、来年度の診療報酬改定での実施見送りを決めた。

 特別料金の徴収は、救急外来を受診する軽症患者の急増に歯止めをかけ、医師の負担を軽くする狙いで、「整理案」に検討の方向が盛り込まれていた。27日の総会では「『お金さえ払えば(軽症で救急救命センターを利用しても)いいのか』という意識が広がってしまう」(白川修二委員)などの意見が上がり、来年度からの実施を見送ることになった。ただ、軽症患者の救急外来利用を抑えるための啓発活動や、軽症患者による救急外来の利用実態調査の必要性は、全会一致で認められた。
 厚生労働省の担当者は、総会後のブリーフィングで「『救急医療を守るのは国民』という意識を高める必要があることは、中医協の総会でも確認できたと思う。今後、そうした取り組みが現場で浸透するよう、消防庁や医政局などと協力していきたい」と述べた。



【関連記事】
【中医協】診療報酬改定に国民の声を、中医協が地方公聴会
入院基本料の「適正化」、引き下げなら反対−日医
シナリオ通りの「医療崩壊」
救急車搬送費用、利用者負担の検討を
「救急医療あり方検討会」がヒアリング

女流名人位戦、里見が先勝(産経新聞)
携帯充電器商法 販売会社元幹部ら8人逮捕 大阪府警(毎日新聞)
<訃報>山元峯生さん64歳=全日空副会長、前社長(毎日新聞)
国際緊急援助隊医療チームが解団式(医療介護CBニュース)
関東大震災、朝鮮人虐殺の犠牲者 大半の教科書に記述(産経新聞)
[PR]
by corzljbmei | 2010-02-02 08:14
<< 冬季集中講義 小沢塾が開催 1... 首相動静(1月23日)(時事通信) >>