<公務員法改正案>局長級の降格盛る 実績次第、部長級へ(毎日新聞)

 仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相は4日、今国会に提出する国家公務員法等改正案に、局長級を部長級に降格できる規定も盛り込む方針を固めた。改正案の素案では、次官級の局長級への降格を容易にする内容にとどめていたが、麻生政権が昨年提出した同改正案(廃案)には部長級への降格規定が入っており、「改革の後退」との批判を避けるため方針転換した。

 現行法は「国家公務員の身分保障」のため降格が難しい規定になっており、処分の場合に限定されていた。部長級への降格は「特例降任」として改正案に盛り込み▽他の幹部職員に比べ実績が劣っている▽他の人の方が優れた業績を上げると十分見込まれる−−といったケースでも降格を可能にする方向で調整している。【小山由宇】

携帯充電池マルチ、設置遅れは「第3世代携帯への対応」と説明(産経新聞)
小笠原で海底火山噴火 「領土拡大」の夢ふくらむ(J-CASTニュース)
大國魂神社で節分祭 東京(産経新聞)
外国人参政権 長尾教授一問一答「読みが浅かった」 国家解体に向かう(産経新聞)
羽毛恐竜、カラーで明らかに=化石で色素を初特定−中国(時事通信)
[PR]
by corzljbmei | 2010-02-05 03:39
<< <1票の格差>衆院比例ブロック... <バレエ>15歳・佐々木さんが... >>