<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

<1票の格差>衆院比例ブロックの定数配分は合憲 東京高裁(毎日新聞)

 09年8月の衆院選比例代表を巡り、地域ブロックの定数配分は人口分布を反映しておらず違憲として、東京と神奈川の弁護士10人が中央選挙管理会を相手に、東京ブロック(定数17)と南関東ブロック(定数22)=神奈川、千葉、山梨=の選挙無効を求めた訴訟の判決で、1審の東京高裁は3日、請求を棄却した。鈴木健太裁判長は「定数配分は投票価値の平等を損なわない」と合憲判断した。

 衆院選比例代表の定数配分を違憲とした判断は過去にない。

 判決は、比例代表の議員1人当たりの人口の差(1票の格差)は最少の四国ブロック(定数6)に対し、東京、南関東とも1.1倍以下にとどまるとして、不平等とは認められないと指摘。比例代表での復活当選を認める重複立候補制度は違憲との主張も「得票数を基礎とした合理性のある方式」と退けた。

 09年衆院選小選挙区の1票の格差を巡っては、大阪、広島両高裁が相次いで違憲判決を出している。【伊藤一郎】

【関連ニュース】
1票の格差:双方とも上告 「違憲判断」大阪高裁判決で
1票の格差:4.986倍 前年より拡大
8月衆院選:格差2倍で「違憲」 選挙は有効 大阪高裁
1票の格差:昨年の総選挙「違憲」と指摘 広島高裁の判決
1票の格差:昨年衆院選、広島高裁も「違憲」 「2倍超、多数存在」

中名生理事長が辞意=任期途中、後任は公募−国民生活センター(時事通信)
<インフルエンザ>患者は8週間ぶりに増加(毎日新聞)
<桜島>火山活動が活発化 1月に爆発的噴火131回(毎日新聞)
<航空機部品落下>エンジンの「腐食、破断」と報告書 成田(毎日新聞)
負傷者7人に、1人は重体=川内原発点検中に火花−鹿児島(時事通信)
[PR]
by corzljbmei | 2010-02-06 01:26

<公務員法改正案>局長級の降格盛る 実績次第、部長級へ(毎日新聞)

 仙谷由人国家戦略・行政刷新担当相は4日、今国会に提出する国家公務員法等改正案に、局長級を部長級に降格できる規定も盛り込む方針を固めた。改正案の素案では、次官級の局長級への降格を容易にする内容にとどめていたが、麻生政権が昨年提出した同改正案(廃案)には部長級への降格規定が入っており、「改革の後退」との批判を避けるため方針転換した。

 現行法は「国家公務員の身分保障」のため降格が難しい規定になっており、処分の場合に限定されていた。部長級への降格は「特例降任」として改正案に盛り込み▽他の幹部職員に比べ実績が劣っている▽他の人の方が優れた業績を上げると十分見込まれる−−といったケースでも降格を可能にする方向で調整している。【小山由宇】

携帯充電池マルチ、設置遅れは「第3世代携帯への対応」と説明(産経新聞)
小笠原で海底火山噴火 「領土拡大」の夢ふくらむ(J-CASTニュース)
大國魂神社で節分祭 東京(産経新聞)
外国人参政権 長尾教授一問一答「読みが浅かった」 国家解体に向かう(産経新聞)
羽毛恐竜、カラーで明らかに=化石で色素を初特定−中国(時事通信)
[PR]
by corzljbmei | 2010-02-05 03:39

<バレエ>15歳・佐々木さんが3位入賞…ローザンヌ国際(毎日新聞)

 【ローザンヌ(スイス)伊藤智永】若手ダンサーの登竜門「ローザンヌ国際バレエコンクール」の第38回大会決選が31日、スイスのローザンヌで開かれ、東京都八王子市の市立横山中3年、佐々木万璃子(まりこ)さん(15)が3位に入賞した。

 佐々木さんは「やってきたことを全部出せた。将来は世界中のいろんな所で、たくさんの人に私の踊りを見てほしい」と話した。獲得した奨学金で、英国のロイヤルバレエ学校への入学を志望している。

 今年の同コンクールには36カ国226人が応募。決選に進んだ20人(男子14人・女子6人)のうち日本人は佐々木さんを含めて3人。

【関連ニュース】
坂本龍馬:「婚活」相談したい男性1位 女性1位は真矢みき 婚活経験者に調査
頑張る!新長州人:/5止 元タカラジェンヌ・玉泉瑞穂さん /山口
桧垣バレエ団:ポーランドで「椿姫」を上演−−19、20日の両日 /京都
和央ようか&花總まり:往年コンビが復活!
草刈民代:遊女役で舞台初挑戦 安田顕「指先動かすだけで伝わる」と絶賛 「宮城野」公開けいこ

国民一人一人が出来ることから始めよう 第2回遺骨収集シンポジウム(産経新聞)
節分に「オニヒトデは外」 和歌山・白浜で駆除イベント(産経新聞)
<陸山会>小沢氏団体から13億円 04〜05年不記載(毎日新聞)
小沢氏に「けじめ」要求 前原国交相と枝野氏も(産経新聞)
<雑記帳>節分お水汲み祭りをPR 大阪・北新地の芸者さん(毎日新聞)
[PR]
by corzljbmei | 2010-02-04 04:55

冬季集中講義 小沢塾が開催 10日から(産経新聞)

 小沢一郎民主党幹事長が主宰する「小沢一郎政治塾」の冬季集中講義が今月10日から4日間の日程で都内の日本青年館で開催されることが1日、明らかになった。政治塾は今年で発足から10年目を迎える。

 10日に開講式を行った後、小沢氏の知恵袋とも言われた平野貞夫元参院議員が講演する。11日には小沢氏に最近インタビューした作家の幸田真音(まいん)氏が講師を務める。恒例の小沢氏の講演は13日に行う予定だ。

 政治塾の運営委員会(委員長・大久保潔重参院議員)は、小沢氏を支持するグループ「一新会」(会長・鈴木克昌衆院議員)のメンバーに塾生を激励するため参加を呼びかけている。

【中医協】医療クラーク加算、15対1と20対1を新設(医療介護CBニュース)
首相動静(1月29日)(時事通信)
練炭自殺、車内に矛盾点…連続不審死(読売新聞)
<岐阜市長選>告示 無所属の4人が立候補 2月7日投開票(毎日新聞)
<研修生低賃金訴訟>1次受け入れ団体にも責任 熊本地裁(毎日新聞)
[PR]
by corzljbmei | 2010-02-03 05:48

【中医協】軽症の救急受診、特別料金徴収は見送り(医療介護CBニュース)

 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は1月27日、総会を開き、救急救命センターを受診した軽症患者から特別料金を徴収する案について、来年度の診療報酬改定での実施見送りを決めた。

 特別料金の徴収は、救急外来を受診する軽症患者の急増に歯止めをかけ、医師の負担を軽くする狙いで、「整理案」に検討の方向が盛り込まれていた。27日の総会では「『お金さえ払えば(軽症で救急救命センターを利用しても)いいのか』という意識が広がってしまう」(白川修二委員)などの意見が上がり、来年度からの実施を見送ることになった。ただ、軽症患者の救急外来利用を抑えるための啓発活動や、軽症患者による救急外来の利用実態調査の必要性は、全会一致で認められた。
 厚生労働省の担当者は、総会後のブリーフィングで「『救急医療を守るのは国民』という意識を高める必要があることは、中医協の総会でも確認できたと思う。今後、そうした取り組みが現場で浸透するよう、消防庁や医政局などと協力していきたい」と述べた。



【関連記事】
【中医協】診療報酬改定に国民の声を、中医協が地方公聴会
入院基本料の「適正化」、引き下げなら反対−日医
シナリオ通りの「医療崩壊」
救急車搬送費用、利用者負担の検討を
「救急医療あり方検討会」がヒアリング

女流名人位戦、里見が先勝(産経新聞)
携帯充電器商法 販売会社元幹部ら8人逮捕 大阪府警(毎日新聞)
<訃報>山元峯生さん64歳=全日空副会長、前社長(毎日新聞)
国際緊急援助隊医療チームが解団式(医療介護CBニュース)
関東大震災、朝鮮人虐殺の犠牲者 大半の教科書に記述(産経新聞)
[PR]
by corzljbmei | 2010-02-02 08:14